「社労士事務所」等を併設した
「ワンストップ・総合型」の事務所

当事務所では、税理士以外に、社会保険労務士をはじめとした専門家が所属しており、あらゆる課題にワンストップで対応することが出来ます。

その他にも、行政書士、公認会計士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなど様々な専門家が所属し、税務、労務、不動産など企業で発生する、あらゆる相談にのらせていただくことが出来ます。

また、提携している弁護士、司法書士、不動産鑑定士等と協力し、様々な経営課題に、ワンストップで対応させていただきます。

「おぎ堂会計事務所に相談すればどんなことでも解決できる」
そのように多くのお客様に親しんで言って頂ける「総合型の事務所」として、会社と経営者の方を全面的にサポートすることを目指しています。

定期的にご訪問する
「提案型」の事務所

会計事務所の仕事は、「決算・申告を行うだけ」と考えていませんか?
実際にその業務だけを行う税理士は多いですが、当事務所では定期的に事業所にご訪問し、積極的に経営や節税の最適なアドバイスを行っています。

税務申告は、年に1回の対応、もしくは遠隔、郵送のみのやり取りだけで、決算を組むことは、可能かどうかで言えば、出来ないことはありません。

しかし、期中のプランニングや、決算前に節税対策を行う場合と比べて、結果的に多くの税金を払わなければならないケースが多く存在します。

そのため、事業所に定期的に訪問し、積極的な提案やサポートを受けること
で、結果的に経営者の方の安心にも繋がり、さらに「得」にもなる可能性が高いです。「どれくらい会社の状況を把握し、積極的に関わってサポートをしてくれるか」については会計事務所を選ぶ重要なポイントであると考えられます。

「専門業種 特化型」
の事務所

当事務所では、「コンビニエンスストア」「不動産オーナー」「相続・資産税」の業種・分野に高い専門性を蓄積しています。
特化型チームを組んで、お客様が必要としている知識やノウハウ等の付加価値の高いサービスを提供しています。

一般的な税金計算が出来たとしても、特定の業種や分野の仕組みに詳しくない場合には、経営者の方とコミュニケーションをとるにあたって、苦労してしまうことが考えられます。

また業種特有の税制上の特例処理等を失念してしまうと、毎年数十万円、数百万円、余計に税金を払うことにも繋がってしまいます。

税務調査が入った場合においても、例えば相続税の税務調査がある場合、その税務調査における調査官は相続に精通した人が来ます。
そのような状況で、その分野に詳しくない担当者がクライアントのために、全力で対応出来るでしょうか?
特定の業種や分野の精通した専門家がバックアップし、経営者の方に心強く感じて頂けるような存在を目指しています。

30年以上の
「実績・ノウハウ」

私たちは、近畿2府4県で約1400の顧問先様と30年以上歩んできた会計事務所です。

70名以上のスタッフがお客様と真摯に向き合いながら、専門分野ごとに特化したチームを編成し、さらに外部の専門家とも連携しながら、さまざまな課題に対応します。

皆様に信頼されるプロフェッショナル集団として、常にお客様の満足を追求しています。